PRESS

Photo: PRESS

ジャスティン・ビーバーはアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・レイト・ショウ・ ウィズ・ジェームズ・コーデン」の名物企画「カープール・カラオケ」で実際には自ら車を運転しない時もあることが明るみになった司会のジェームズ・コーデンをからかっている。

「カープール・カラオケ」はジェームズ・コーデンがミュージシャンを初めとしたゲストとドライヴに出かけて、車の中でゲストの代表曲などをカラオケで歌うというコーナーで、ジャスティン・ビーバーは現地時間2月20日に放送されるエピソードに出演していることが明らかになっている。

撮影中は主に運転席に座っていることで知られるジェームズ・コーデンだが、彼は先日、ジャスティン・ビーバーと共に乗った車がトラックに牽引されているところが目撃されて話題になっている。

「ジェームズ・コーデンとジャスティン・ビーバーがカープール・カラオケを撮影していたんだ。僕が何かを信用できないのはこういう理由だよ。彼は運転していないんだ!」と当該の現場の動画をツイッターに投稿したユーザーは述べている。現地時間1月23日に投稿されたこの動画は瞬く間に話題になり、現在までに1300万回以上再生されている。

話題になっている動画はこちらから。

ジェームズ・コーデンは現地時間1月29日に放送された「ザ・レイト・レイト・ショウ・ ウィズ・ジェームズ・コーデン」でこの話題に言及して、ほとんどは自ら運転していることを強調した上で、振り付けを披露する時や衣装チェンジが必要な時には別の車に牽引してもらっていると説明している。

「僕は95%の割合で世界で最もビッグなポップ・スターたちの命を危険に晒しているよ」とジェームズ・コーデンは冗談を交えて語っている。「テレビだからね! 時にはエンタテインメントのためにやることだってある!」

続けて、ジェームズ・コーデンは自身で車を運転していなかったエピソードの一覧を示して、メーガン・トレイナーやミーゴス、カーディ・B、チャンス・ザ・ラッパーがゲストだった回でも運転していなかったことを明らかにした上で、最新のエピソードであるジャスティン・ビーバーとの撮影で運転していなかった理由については「率直に、彼に目を奪われていた」からだと冗談を飛ばしている。

ジェームズ・コーデンは自身が出演している映画『キャッツ』の興行成績が乏しいことをジョークにしながら次のように語っている。「『キャッツ』以上に人々を怒らせてしまうようなことをしてしまったことにショックを受けているよ」

ジャスティン・ビーバーはジェームズ・コーデンの説明を受けてツイッターを更新して、番組の動画が投稿されたツイートを引用する形で次のように冗談を飛ばしている。「待って……車を運転していたんじゃなかったの? どうしてだい、ジェームズ? ショックだよ」

ジャスティン・ビーバーは通算5作目となるニュー・アルバム『チェンジズ』を来月2月14日にリリースすることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ