PRESS

Photo: PRESS

アリシア・キーズはヘリコプター事故で亡くなった元バスケットボール選手のコービー・ブライアントに追悼の意を表して、彼の「エネルギーと闘争心」が自らを前に進めてくれたと述べている。

41歳だったコービー・ブライアントは現地時間1月26日、乗っていた自家用ヘリコプターがカリフォルニア州カラバサスに墜落した事故で亡くなっている。この事故では9人が亡くなったことが報じられており、その中には彼の13歳だった娘のジアナ・ブライアントも含まれている。

この悲劇的な事故はロサンゼルスで第62回グラミー賞授賞式が開催される直前に起きており、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーの暫定会長であるハーヴェイ・メイソン・ジュニアは授賞式の冒頭に「黙祷」の時間を設けている。

今年のグラミー賞授賞式で2年連続となる司会を務めたアリシア・キーズも冒頭でコービー・ブライアントに追悼の意を表しており、彼への追悼としてボーイズⅡメンのネイザン・モリス、ウォンヤ・モリス、ショーン・ストックマンと共に彼らの1991年リリースのヒット曲“So Hard to Say Goodbye”をパフォーマンスしている。

「本当につらい夜だったわ。ジェットコースターのような夜だった」とアリシア・キーズは授賞式後に「エンタテインメント・トゥナイト」に語っている。「とてもつらいもので、今もつらさを感じている。私たちは愛されしヒーローを失ったの。本当の意味で聡明で、秀でた人だった」

アリシア・キーズは次のように続けている。「この悲しみから前に進むのは簡単なことじゃないけど、彼がいつも持ち合わせていたエネルギーと闘争心が今夜、私たちを前に進めてくれたの」

「彼は私たち全員の心や魂の中にいた。心地よくできたのは彼のおかげよ」と彼女は続けている。

また、この日の授賞式でオープニング・パフォーマンスを披露したリゾもコービー・ブライアントを追悼の意を表しており、自身のパフォーマンスを彼に捧げている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ