GETTY

Photo: GETTY

メガデスはデイヴ・ムステインの咽頭ガン発覚後初となったライヴの映像がオンラインで公開されている。

現在58歳のデイヴ・ムステインは昨年6月17日に自身のフェイスブックで咽頭ガンを患っていることを公にして、「90%の成功率があるという治療計画」を立てていることを明かしていた。

現地時間1月20日にメガデスはファイヴ・フィンガー・デス・パンチのサポート・アクトとしてフィンランドのヘルシンキで公演を行っており、全11曲を演奏している。

ファンが撮影した映像はこちらから。

メガデスのデイヴ・ムステインは昨年11月に米『ローリング・ストーン』誌で咽頭ガンを公表して以来、初となるインタヴューに応じて、「治療のほとんどを終えているんだ。とても力がついたように感じているよ」と語っている。

「放射線治療の後で担当者からすべての検査結果が良好だって言われたんだ。『まるでステージ1のような状態です。あなたは今頃、ステージ3に差しかかっていてもおかしくなかったのにです』ってね。その後で、(腫瘍学の専門家である)オンコロジストからも同じことを言われて、『とても強い方のようですね』って言われたよ。それで、俺たちは引き続き治療を進めていったんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ