GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・ブレイクはアメリカの公演でアクアによる90年代のヒット曲“Barbie Girl”をカヴァーしている。

ジェイムス・ブレイクは先日、ロサンゼルスのエース・ホテルで行われた2日目の公演でビリー・アイリッシュの“when the party’s over”のカヴァーを披露している。

ジェイムス・ブレイクはブルックリンのハーヴェイ・シアターで行われた公演で、1997年に全英シングル・チャートの1位を獲得した“Barbie Girl”をダウンビートで演奏している。

ピアノの弾き語りによる今回の公演では『ザ・カラー・イン・エニシング』や2013年発表の『オーヴァーグロウン』からの楽曲が演奏されている。

観客が撮影した映像はこちらから。

ジェイムス・ブレイクは「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」に出演して、最新作『アシューム・フォーム』より“I’ll Come Too”を披露している。

合わせて“I’ll Come Too”のミュージック・ビデオも公開されている。

それぞれの映像はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ