PRESS

Photo: PRESS

ザ・チェインスモーカーズはサード・アルバム『ワールド・ウォー・ジョイ』が本日12月6日にリリースされている。

新作にはファイヴ・セカンズ・オブ・サマーとのコラボレーションとなった“Who Do You Love”を皮切りに2019年を通してリリースされてきた全10曲が収録されている。

アルバムのストリーミングはこちらから。

今回のタイミングでエイミー・シャークが参加した“The Reaper”、カイゴが参加した“Family”、サブリナ・クラウディオが参加した“See the Way”、ブリンク182が参加した“P.S. I Hope You’re Happy”が公開されている。

ザ・チェインスモーカーズについては音楽をテーマにした新たなドラマを手掛けることも明らかになっている。

『デモ(原題)』と題されたこのドラマはロサンゼルスに暮らす若手のポップ・ソングライターについての物語になるといい、ザ・チェインスモーカーズは同作と合わせて自身の楽曲のタイトルに基づいた作品『パリ(原題)』の公開も控えている。

『デモ』はディズニーが所有するケーブル・テレビのチャンネル「フリーフォーム」で放送される予定となっており、「ハリウッド・レポーター」によれば、「所属していたインディ・ロック・バンドや労働者階級の暮らしから飛び出し、ロサンゼルスでポップ・ソングのソングライターを目指す20代の女性ミュージシャン」についての物語になるという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ