GETTY

Photo: GETTY

ハイムはアラナ・ハイムの親友が亡くなったことをきっかけに楽曲が生まれることになった新曲“Hallelujah”が公開されている。

ハイムはこの曲について現地時間11月14日にダニエル・ハイムがアコースティック・ギターで弾き語る動画を公開して、この曲をリリースすることを発表していた。

“Hallelujah”のミュージック・ビデオはこちらから。

アラナ・ハイムは曲の持つ意味合いについて「月曜日に出る“Hallelujah”という曲があるんだけどね」と説明している。「この曲は家族や愛や喪失についての曲で、すべてに感謝している曲なの。この曲のヴァースについては話すのが難しいんだけど、ここで打ち明けたいと思う」

アラナ・ハイムはこの曲について彼女が20歳だった「非常に暗い時期」の体験に基づいた曲だとしている。「不慮の自動車事故で亡くなった親友のサミ・ケイン・クラフトを探そうと、靄のかかった10月の朝に目を覚ますのよ。それは私の人生を永遠に変えてしまうことになる別れだったのよ」

“Hallelujah”はレナード・コーエンの名曲のカヴァーではなく、オリジナルの新曲だが、ハイムはユダヤ教のハヌカーのためのコンピレーションでレナード・コーエンの“If It Be Your Will”をカヴァーしている。コンピレーションにはジャック・ブラック、ザ・フレーミング・リップス、アダム・グリーンらが新曲を提供している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ