GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークやデヴィッド・バーン、リリー・アレンを初めとしたアーティストや著名人らは気候変動に抗議する運動「エクスティンクション・レベリオン」による新たな公開書簡に署名している。

公開書簡は不特定のメディアに宛てられたもので、メディアから世界各国をツアーする著名人としてのライフスタイルを引き合いに、気候変動に抗議するのは「偽善的」だと繰り返し批判されてきたことに反論するものとなっている。

「私たちを偽善者と呼ぶジャーナリストの方々へ」と公開書簡は始められている。「皆さんのおっしゃる通りです。私たちは二酸化炭素を多分に使う生活を送っていますし、私たちが参加している産業が排出している二酸化炭素の量は膨大です。皆さんや他のすべての方々と同様、私たちは化石燃料による経済社会に生きており、体系的な変化がもたらされない限り、現状のライフスタイルでは気候や生態系を傷つけ続けることになるでしょう」

「しかし、認知度やプラットフォームを持つ者として、我々には関心を促すべきより切迫した問題があるのです」

公開書簡は次のように続けられている。「地球上の生命体が絶滅しかけているのです。史上6度目の大量絶滅期が迫っています。事の重大さを疑問視する方々のために、国際通貨基金が2019年10月10日に発表した声明を引用しましょう。『地球温暖化は世界経済と自然界に深刻な損害をもたらし、取り返しのつかない壊滅的な結末を迎える危険性があるでしょう』」

俳優のスティーヴ・クーガンやリズ・アーメッド、ボブ・ゲルドフ、リリー・コール、フォールズやニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズのメンバー、グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスらも署名している公開書簡では続けて、メディアに対して早急な変化の必要性を訴える著名人を攻撃するのではなく、公衆にそのような状況を知らしめるために自らのプラットフォームを使うよう呼びかけられている。

「気候変動は想定されていた以上の猛烈な勢いで加速しています。多くの人々が気候変動に苦しみ、自らの家を出て、難民として我が国の国境に助けを求めてやって来ているのです」と公開書簡は続けられている。「我々による化石燃料経済の代償を払っている人々の他にも、(16歳の環境保護活動家である)グレタ・トゥーンベリがきっかけとなり、何百万人もの子供たちが、力や影響力を持った我々に対して既に荒廃してしまった未来のために立ち上がってほしいと呼びかけてきています」

「彼らの呼びかけを無視することはできません。しかし、彼らの呼びかけに答えてもなお、我々はあなた方の批判の恰好の的となってしまうのです」

「偽善者と報じられたところで黙るつもりはありません」とした上で、エンタテインメント業界の著名人らは次のように続けている。「メディアは公衆に真実を伝えるために存在しています。そして今、メディアはCEE(気候、および生態系の非常事態)について学び、その声を新たなオーディエンスに届けて真実を伝えることがかつてないほどに必要とされているのです」

「プラットフォームや認知度を持ったあらゆる人々に参加してもらい、恐れを乗り越え、自らが持つ声を大胆に使って真実を広めてもらいたいと思っています。多くの一般の方々が市民による非暴力の抗議活動に参加し、自らの自由を危険に晒しているのです。私たちは声を上げている彼らの勇気に感化され、彼らと共に参加しています。皆さんにも同様の行動を取ってもらいたいと思っています」

『アラン・パートリッジ』シリーズで知られる俳優のスティーヴ・クーガンは公開書簡の内容を改めて強調して、ファンに次のように呼びかけている。「エクスティンクション・レベリオンは草の根の運動であり、置かれるべきアジェンダの筆頭にこの問題を引き上げたことは賞賛されるべきです」

「私たち全員の代表として声明を発表した勇敢で決然とした活動家の方々を全面的に支持しています」

先日、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドも気候変動に声を上げる活動家やミュージシャンらに対して「偽善的」だとする批判が寄せられていることに反論しており、今回の声明はそれに続くものとなっている。

「そうなんだよ、飛行機を使ったからその人は偽善者だっていうね」とジョニー・グリーンウッドは語っている。「自然に対するその人の実績の粗探しをすることでしか気候変動の問題が起きていないと確信することができないのだとしたら、バカなんじゃないかっていうさ」

先日、ウェールズ選出の国会議員であるデヴィッド・デイヴィスはザ・1975に対して彼らが「エクスティンクション・レベリオン」を支持していることは彼らがワールド・ツアーのために飛行機移動しているという事実と矛盾しているとして「偽善的」だと批判している。

エクスティンクション・レベリオンは世界各国で市民による抗議活動を続けているものの、今週ロンドンで行われる予定だった活動が禁止されたことに対する抗議によって、1642人が逮捕され、133人が起訴される事態となっている。

エクスティンクション・レベリオンは2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにすることを公言している英国政府に対して、気候非常事態を宣言して、その期限を2025年まで早めるよう呼びかけている。

一方、多くの世界的なアーティストが先日、気候変動に対する運動を支援するために、音楽業界の合同団体であるミュージック・デクレアズ・エマージェンシーによる署名にも加わっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ