GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは今年も9月末を迎えたのを受けて“Wake Me Up When September Ends”のYouTubeでの再生回数が急増している。

9月30日に“Wake Me Up When September Ends”のミュージック・ビデオはYouTubeで39万5,000回再生されており、「ラウドワイアー」によれば、これは2019年を通した平均視聴回数よりも135%高い数字だという。

“Wake Me Up When September Ends”は2004年にリリースされたグリーン・デイの大ヒット作『アメリカン・イディオット』に収録されている。

“Wake Me Up When September Ends”のミュージック・ビデオはこちらから。

グリーン・デイはウィーザーとフォール・アウト・ボーイと行うジョイント・ツアーの発表と共にニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』をリリースすることを発表している。

3組すべてのバンドがヨーロッパ、イギリス、北米で行われる大規模なジョイント・ツアー「ヘラ・メガ・ツアー」の発表に合わせて新曲を公開している。3組はツアーに先立ってロサンゼルスのウィスキー・ア・ゴーゴーでウォームアップ公演も行っている。

『ファザー・オブ・オール…』について、グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは最新のインタヴューの中でドナルド・トランプ大統領からは「何の影響も受けていない」として、次のように語っている。「トランプを見ていると下痢になるんだ。分かるだろ? それについての曲は書きたくないからね!」

現地時間10月1日、グリーン・デイはナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)とパートナーシップ契約を結んだことを発表して、現地時間10月9日に行われる試合の前に放送される映像内で新曲“Fire, Ready, Aim”を初公開することが発表されているほか、“Father Of All…”のミュージック・ビデオも公開されており、新作の名前を冠したコーヒーが発売されることも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ