GETTY

Photo: GETTY

ラナ・デル・レイはテキサス州のエル・パソとオハイオ州のデイトンで起きた2つの銃乱射事件を受けて書いた新曲“Looking For America”を公開している。

現地時間8月6日、ラナ・デル・レイはスタジオのミキシング・デスクでギターを弾くジャック・アントノフと共に“Looking For America”歌った映像を公開している。コーラスの歌詞は以下のようなものとなっている。「I’m still looking for my own version of America / One without the gun, where the flag can freely fly / No bombs in the sky / Only fireworks when you and I collide / It’s just a dream I had in mind(私は今なお自分のアメリカを探している/それは銃のないもので、旗は自由にはためいている/空には爆弾などなく/私とあなたがぶつかった時にあるのは花火だけ/私の胸に秘めている夢でしかないけれど)」

ラナ・デル・レイは映像に添えたキャプションでカリフォルニア州モンテシトから兄弟と共に戻ってきた時に「書きたい曲が頭の中にあるから、ジャック・アントノフに街に来てくれるか訊いてみた」と説明している。

彼女は次のように続けている。「今も私は自分が政治家じゃないことは分かっているし、自分が意見を持っていることを釈明しようとしているわけでもない。でも、ここ数日続いた銃乱射事件やすべての銃乱射事件を考えると、それは私の細胞レベルまで影響を与えていて、20分前にエンジニアのローラが撮った映像を上げたくなったの」

ラナ・デル・レイはこの曲のタイトルを“Looking For America”とすることも明かしている。

テキサス州のエル・パソとオハイオ州のデイトンで起きた2つの銃乱射事件では約30人が亡くなっている。リアーナやカーディ・Bは銃乱射事件を受けて声を上げており、銃規制を求めている。エル・パソで育ったカリードはテキサス州の銃乱射事件で亡くなった人に捧げるチャリティ・コンサートを開催することを発表している。

ラナ・デル・レイは8月30日にニュー・アルバム『ノーマン・ファッキング・ロックウェル』をリリースすることが決定している。既にアルバムのトラックリストは公開されているが、“Looking For America”が新作に収録されるかは明らかになっていない。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ