GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは今年ツアーを行わないことを明かしている。

現在クレイジー・ホースと共に7年ぶりとなる新作の制作を行っているニール・ヤングは今回、映像作品の制作に専念するために今年は予告されていたクレイジー・ホースとのツアーを行わないことを発表している。

ニール・ヤングは自身のウェブサイト「ニール・ヤング・アーカイヴス」への投稿で「今年の残りの期間は(自身のレーベルである)シェイキー・ピクチャーズのプロジェクトに専念して、届けられる最高のものを作ることに重点を置く」つもりだと述べている。

ニール・ヤングは次のように続けている。「僕らは2019年の間、編集室にこもる予定なんだ。みんなのために作品にしようとしているところだよ。僕らの公演に来てくれてありがとう! 2020年には戻る予定だよ!」

ニール・ヤングはクレイジー・ホースとの新作を含む、現在15本の作品の映像化に取り組んでいることを明かしており、その中にはニール・ヤング&クレイジー・ホースとして1976年に行った日本武道館公演の映像も含まれている。

15本の作品のリストはこちらから。

1. A Rusted out Garage. [Crazy Horse’s 1987 tour]
2. Greendale Live [Crazy Horse’s 2002/03 tour]
3. Alchemy [Crazy Horse’s 2012/13/14 tour]
4. Colorado Sessions
5. Catalyst [This is a club in Santa Cruz, California Young has played many times between 1975 and 1997. It’s unclear which shows are a part of this film.]
6. Tokyo Budokan 76 [A 1976 show in Japan with Crazy Horse]
7. London Odeon Hammersmith 76 [A 1976 show in London with Crazy Horse]
8. Solo Trans [Young’s one-man show supporting Trans in 1983]
9. Stray Gators Harvest Sessions [The 1971 recording sessions for Harvest]
10. Greendale Live at Vicar Street [A March 2003 stop of the solo Greendale tour]
11. The Boarding House [A 1977 solo acoustic stand at the Boarding House club in San Francisco]
12. Silver and Gold [A 1999 solo acoustic tour]
13. Stratford Shakespearean Theater 1971 [A January 1971 solo acoustic show in Connecticut]
14. Solo BBC 1971 [A BBC solo acoustic show taped February 23rd, 1971]
15. Trans 2020 [An animated film by Micah Nelson using the music of Young’s 1982 LP Trans]

ニール・ヤング&クレイジー・ホースは現在、2012年に発表した『サイケデリック・ピル』以来7年ぶりとなるニュー・アルバムの制作に取り組んでいる。

「ニュー・アルバムを作って自分たちの物語を続けられることを、バンドとして嬉しく思っている」とニール・ヤングは今年4月に綴っている。「今年リリースされる僕らの新曲をファンのみんなが楽しんでくれることを心から願っているよ。僕らが楽しみながら作ることになるのは分かっているからね」

ニール・ヤング&クレイジー・ホースによる新作は『コロラド』というタイトルになることも明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ