GETTY

Photo: GETTY

モトリー・クルーのニッキー・シックスは妻であるコートニー・ビンガムとの間に自身にとって5人目の子供となる娘が誕生したことを報告している。

現在60歳のニッキー・シックスは現地時間7月30日に自身のソーシャル・メディアでルビー・シックスという名前の娘が誕生したことを報告している。「妻のコートニーと俺は土曜日(7月27日)の夜、世界とこの家族にルビー・シックスという可愛い女の子の赤ちゃんを迎えたんだ」とニッキー・シックスは綴っている。

「2人の姉妹と2人の兄弟のもとに、髪がフサフサで元気な女の子が5人目のシックスとして加わったんだよ。父親であることは、人生で一番の喜びなんだ。コートニーは最高の母親になるよ。家族や友人たちからの愛や支援に感謝している(それから、花もね)。メトロノームを使ってこの子を眠らせるトレーニングも既に始めていてね。それから、この子にはピンクのベースも買ってあるんだ」

ニッキー・シックスは1989年から1996年まで結婚していた最初の妻であるブランディ・ブラントとの間に、現在27歳のガンナー、24歳のストーム、23歳のデッカーをもうけているほか、2番目の妻でドラマ「ベイウォッチ」への出演で知られるドナ・デリコとの間に、現在17歳のフランキー・ジーンという娘がいる。ルビー・シックスは現在33歳のコートニー・ビンガムにとって初めての子供となる。

ニッキー・シックスは10年以上前にパイプカットの手術を受けたことで知られており、先日、精巣内精子回収法を用いて精子を採取し、人工授精でコートニー・ビンガムとの間に子供を授かったことを明かしていた。

モトリー・クルーのニッキー・シックスは今年2月に『USA トゥデイ』紙のインタヴューに応じて、かつてパイプカットの手術を受けることを決めた時のことを振り返っている。「俺はかつて『悪魔』という名前の人と結婚していて、その時にこう言ったんだ。『子供の養育費をめぐって一生裁判しているような人生は送りたくない。もうウンザリだ』ってね」とニッキー・シックスは語っている。

ニッキー・シックスは当時、前妻との離婚をめぐって裁判を行っており、「これ以上子供が生まれるのを避ける」ために手術をしたと語っていた。ニッキー・シックスは2007年にラジオ番組「ハワード・ スターン・ショウ」に出演した際、「これ以上オムツ用のバッグを持って移動しなくて済む」と語っている。ニッキー・シックスは当時、手術の効果が出なかった時のためにもう一度受けるつもりだと冗談で語っている。

しかしながら、その考えはコートニー・ビンガムと出会ったことで変わったのといい、ニッキー・シックスは次のように語っている。「『あの日々が懐かしいな。父親でいた頃が懐かしい』って思ったのを覚えているよ」とニッキー・シックスは続けている。「俺には父親がいなかったからね。叶うことのない望みのようなものだったからさ。(他の)子供たちも大きくなって、子供たちとはいい関係を築けているんだ」

ニッキー・シックスは続けて、精巣内精子回収法の手術についてヘロインの過剰摂取で心停止を起こした1987年の当時になぞらえて語っている。「精子を取り出す必要があったんだ。自分のもの(睾丸)を開かれるっていうのは心地のいいものじゃない」とニッキー・シックスは語っている。「あれを開かれるのは、まるでモトリー・クルーにいた1987年の頃のような感じでね。同じ心地なんだ。けど、彼女は妊娠できたわけでさ。2人ともマジで楽しみにしているんだ」

ニッキー・シックスは2014年の3月にビバリーヒルズのグレイストーン邸でコートニー・ビンガムと結婚している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ