GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは7月9日にベルギーで行った公演で1974年発表の楽曲“On The Beach”を16年ぶりに演奏している。

ニール・ヤングはプロミス・オブ・ザ・リアルと共にこの曲を披露しており、フル・バンドを従えて演奏するのは70年代以来となっている。

この日の公演では“Mansion On The Hill”や“Fuckin’ Up”といった楽曲と共に“Hey Hey, My My (Into The Black)”や“Rockin’ In The Free World”といったヒット曲も演奏されている。

ファンが撮影した曲“On The Beach”の映像はこちらから。

先日、ニール・ヤングは自身のウェブサイト「ニール・ヤング・アーカイヴス」のCEOを務めるフィル・ベイカーと共著した書籍を出版することが発表されている。

『トゥ・フィール・ザ・ミュージック:ア・ソング・ライターズ・ミッション・トゥ・セイヴ・ハイ・クオリティ・オーディオ(原題)』と題された本書は9月9日に刊行されるもので、ニール・ヤングが音質を探求していく詳細が綴られているという。

ニール・ヤングは自身のウェブサイトで書籍の刊行を発表して、次のように述べている。「『トゥ・フィール・ザ・ミュージック』は、皆さんが耳にする音質を高めるための自分の試みの本です。この書籍ではサウンドがいかにしてテック産業やレコード会社によって損なわれ、他のテクノロジーによって改善されるのではなく、悪化していることを紹介しています」

「また、この書籍には(ハイレゾの音楽プレイヤーである)『PONO』の設立やそのビジネスについての話のほか、人々がストリーミングの利便さを享受している時代に、私たちがいかにしてニール・ヤング・アーカイヴスで聴けるような最高品質のハイレゾのストリーミング・サービス『Xストリーム』を設立したかについても綴られています」

ニール・ヤングは長年連れ添ったマネージャーのエリオット・ロバーツが亡くなったことを受けて追悼の意を表している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ