GETTY

Photo: GETTY

サム・フェンダーはニュー・シングル“Will We Talk?”の音源が公開されている。

ブリット・アウォーズで批評家の選ぶ新人賞を2019年に受賞しているサム・フェンダーはデビュー・アルバム『ハイパーソニック・ミサイルズ』をリリースすることが決定している。タイトル曲“Hypersonic Missiles”は3月に公開されている。

今回、新曲“Will We Talk?”が公開されており、ディストーションのかかったギターで幕を開けるこの曲でサム・フェンダーは次のように始めている。「Blue Monday / Blaring loudly out the speakers / Fluorescent liquid in his beaker / Another night they’ve gone too far(憂鬱な月曜日/スピーカーからは大音量が流れている/蛍光の液体がビーカーには入っている/あの日の夜は行き過ぎてしまった)」

新曲“Will We Talk?”は「力強いメロディーの詰まった急襲のロックンロールによる激しい一撃は全速力で幕を開け、ギターとストリング・セクションが約3分後に収まるまで勢いを落とすことはない」と評されている。

デビュー・アルバム『ハイパーソニック・ミサイルズ』は当初8月9日にリリースされる予定だったが、延期されて、9月13日にリリースされることが決定している。

アルバムを引っさげて11月から12月にかけてUKツアーを行うことも決定しており、ツアーにはロンドンのブリクストン・アカデミーのソールド・アウトとなっている公演やニューカッスルの4公演が含まれている。

サム・フェンダーは健康上の問題からグラストンベリー・フェスティバルへの出演がキャンセルとなっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ