GETTY

Photo: GETTY

ザ・キラーズはグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーとなるパフォーマンスでいくつかのゲストを迎えてパフォーマンスを行っている。

ザ・キラーズのブランドン・フラワーズとロニー・ヴァヌッチは事前に『NME』に対して複数のゲストを迎えることを明かしていたが、「サプライズを台無しにしたくない」としてゲストが誰かは明らかにしていなかった。

ザ・キラーズはアンコールでペット・ショップ・ボーイズをゲストに迎えて“You Were Always On My Mind”のカヴァーを披露したほか、“Human”ではデュエットしている。

さらにペット・ショップ・ボーイズがステージを降りた後にはブランドン・フラワーズは観客に向かって次のように語っている。「よく自分のヒーローには会うななんて言われるけど、今回は大丈夫だと思うんだ」

その後にザ・キラーズのステージにはジョニー・マーが現れ、ザ・スミスの“This Charming Man”を演奏したほか、この日の最後の曲となった“Mr. Brightside”にもギターで加わっている。

BBCが公開している映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

‘Jenny Was a Friend of Mine’
‘Somebody Told Me’
‘Spaceman’
‘The Way It Was’
‘Shot at the Night’
‘The Man’
‘Smile Like You Mean It’
‘For Reasons Unknown’
‘Human'(Brandon Flowers solo piano intro)
‘Bling (Confession of a King)’
‘Glamorous Indie Rock & Roll’
‘A Dustland Fairytale’
‘Runaways’
‘Read My Mind'(Snippet of “Lean on Me” by… more )
‘All These Things That I’ve Done’
‘When You Were Young’
Encore:
‘You Were Always on My Mind’
(Gwen McCrae cover) (with Pet Shop Boys)
‘Human'(with Pet Shop Boys)
‘This Charming Man'(The Smiths cover) (with Johnny Marr)
‘Mr. Brightside'(with Johnny Marr)

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ