GETTY

Photo: GETTY

ジョイ・ディヴィジョンは『アンノウン・プレジャーズ』のリリースから40周年を記念して一連の映像作品を公開していくことを発表しており、その最初の作品が公開されている。

1979年6月にリリースされた本作には“She’s Lost Control”、“Shadowplay”、“New Dawn Fades”といった楽曲が収録されている。

バンドのヴィジュアル・コーディネーターであるウォーレン・ジャクソンは「2019年に彼らの楽曲を映像として再解釈する」プロジェクトとして、アルバム収録の各トラックと対応する10作の映像作品を監修しているという。

多くの著名な映画監督やアーティスト、そして新進気鋭の映像作家も参加するこのプロジェクトは6月から映像の公開を始め、2019年を通して映像が公開されるものになる。映像はすべてジョイ・ディヴィジョンのオリジナルの楽曲を使用したものになる。

最初の映像作品として“I Remember Nothing”のビデオが今回公開されており、ビデオにはドラマ『チェルノブイリ』で知られる俳優のバルタザール・ブレキ・サンペルが出演している。監督はこれまでにシガー・ロスやヨーコ・オノと仕事をしてきたヘルギ&ホルドゥルが務めている。

公開された映像はこちらから。

『アンノウン・プレジャーズ』はリリースから40周年を迎えることを受けてスペシャル・エディションもリリースされている。

『アンノウン・プレジャーズ』の40周年記年限定盤は本日6月14日にリリースされている。本作は180グラムのルビー・レッドのアナログ盤が「オリジナルのデザイン・アイディアに近づけた新たなホワイト・スリーヴ」に入ったものとなり、新たな『アンノウン・プレジャーズ』のTシャツも同梱される。

また、ピーター・フックはジョイ・ディヴィジョンのアルバム『アンノウン・プレジャーズ』と『クローサー』を全編演奏する特別な2公演を行うと発表している。

「アン・イヴニング・ウィズ・ピーター・フック&ザ・ライト − ジョイ・ディヴィジョン:ア・セレブレーション」と題された公演はジョイ・ディヴィジョンの2枚のアルバムが40周年を迎える企画の一環として行われる。『アンノウン・プレジャーズ』は今年6月に40周年を迎え、『クローサー』は2020年7月に40周年を迎える。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ