GETTY

Photo: GETTY

グライムスはニュー・アルバムの進捗について「完成したもののミックスをしている」段階にあることを明かしている。

カナダ出身のアーティストで現在は光速を表す普遍定数であるcとも呼ばれるグライムスは、通算5作目となる新作『ミス・アンスロポシーン』のリリースが待ち望まれている。

今回、ツイッターでファンから新しい音源のリリース時期を訊かれるたグライムスは次のように答えている。「アルバムは完成したもののミックスをしているところな」

さらに彼女はリリースまで「ゆっくりと時間をかけている」ことを謝罪し、自身は「依然として回復中」なのだと語っている。「一度にまとめて発表できるように、すべてを100パーセント完成した状態にしておきたいの」と彼女は続けている。

先日、グライムスは新作『ミス・アンスロポシーン』について気候変動に対する人々の印象を向上させることを目指していると語っている。

「私の印象としては気候変動というのは最悪で、みんなその話を聞くと絶対に後ろめたい気持ちになるから気候変動のことを読んだりするのを避けているという印象なの」と彼女は語っている。「私は気候変動を楽しいものにしたいと思ったのよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ