GETTY

Photo: GETTY

モービーは自身が多くの人々から嫌われていたことを理由にかつてアンドレ3000からコラボレーションを断られていたことを明かしている。

モービーは今月、2016年に発表した回想録『ポーセリン』に続く著書『ゼン・イット・フェル・アパート(原題)』を刊行している。1999年発表のアルバム『プレイ』をリリースしてからの彼のプライベートやミュージシャンとしてのキャリアの変遷が記されている本作だが、その内容をめぐって議論を呼ぶこととなっている。

モービーは本書の中で、まだ有名になる前のラナ・デル・レイと交際していた時のことについて綴っているほか、当人からは否定されているものの、ナタリー・ポートマンとの短期間の交際についても言及している。

モービーはまた、本書の中で2002年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズでアウトキャストのアンドレ3000に会った時のことについても振り返っており、かつて共にツアーを回っていたアンドレ3000にハグをしようとしたところ、「急いで後ろに下がられ」てしまったことを明かしている。

その後、モービーが3曲の新曲を共作することをアンドレ3000に持ちかけたところ、アンドレ3000からは次のように言われたという。「モービー、俺が君のことを好きなのは分かっているだろうけど、今の君はあまりにも多くの人から嫌われているんだよ」

モービーは5月2日にフェイバー&フェイバー社より『ゼン・イット・フェル・アパート』を刊行している。

モービーは昨年、チャリティのために自身のレコード・コレクションを売りに出している。

コレクションにはサイン入りのアナログ盤やレア盤、テスト盤も含まれており、そのほとんどはマーズやナサ、シェルターなどのニューヨークのクラブでのDJセットに使用したものだという。コレクションは2018年の6月に売りに出されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ