GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは人工妊娠中絶を禁止する法案がアメリカの複数の州で成立していることを受けて政治家たちを批判している。

アラバマ州の中絶禁止法は先週、賛成25票、反対6票により州上院議会を通過し、ケイ・アイヴィー州知事が署名して成立している。この新法はアラバマ州における中絶を妊娠期間にかかわらず全面的に違法としたもので、中絶手術を行った医者は10年から99年の禁固刑に処される。その前にはオハイオ州やミズーリ州、ジョージア州などでも類似した法案が相次いで成立している。

中絶禁止法の成立をめぐっては、レディー・ガガやリアーナ、ケイシー・マスグレイヴスら多くのアーティストが批判の声を挙げており、今回、ビリー・アイリッシュもその声に加わっている。

ビリー・アイリッシュは現地時間5月16日にASCAP(米国作曲家作詞家出版者協会)が主催するポップ・ミュージック・アウォーズに出席して、中絶禁止法を批判して、「信じられない」と述べている。

「正直、自分の携帯すら見ることができないの」とビリー・アイリッシュは『ヴァラエティ』誌に語っている。「ホワイト・ハウスにいる連中にはかける言葉もない。本当に信じられない。これには私もムカついたわ。怒り心頭よ」

彼女は次のように続けている。「女性は自分のしたいように発言し、行動し、感じ、そうあるべきなの。人生の生き方や物事の仕方を指図できる人なんていちゃいけない。これについて話し始めたら、どんどん怒りがこみ上げてくるわ。止まらなくなると思う。男性が女性の選択を決めるべきじゃない。私が言いたいのはそれだけよ」

ビリー・アイリッシュは先日、デビュー・アルバムをリリースする前日に強い不安を覚えていたことを明かしている。ビリー・アイリッシュの心配をよそに、彼女はデビュー・アルバムで世界的な名声を獲得することとなっており、3月にリリースした『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』は、『NME』での満点の5つ星評価を含む高い評価を各方面で獲得している。

『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』は現時点で2019年における最もセールスの初速が早いアルバムとなっており、リリースから最初の5日間で27万5000枚を売り上げているほか、1億1800万回以上のストリーミング再生を記録している。

一方、ビリー・アイリッシュは先日、その人気からグラストンベリー・フェスティバルでの出演スロットが引き上げられている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ