GETTY

Photo: GETTY

ジョイ・ディヴィジョンのデビュー・アルバム『アンノウン・プレジャーズ』は来月リリースから40周年を迎えることを受けてスペシャル・エディションがリリースされることが決定している。

1979年6月にリリースされた本作には“She’s Lost Control”、“Shadowplay”、“New Dawn Fades”といった楽曲が収録されている。

『アンノウン・プレジャーズ』の40周年記年限定盤は今回6月14日にリリースされることが決定している。本作は180グラムのルビー・レッドのアナログ盤が「オリジナルのデザイン・アイディアに近づけた新たなホワイト・スリーヴ」に入ったものとなり、新たな『アンノウン・プレジャーズ』のTシャツも同梱される。40周年記年限定盤は34.99ポンド(約5000円)で、以下のツイートで予約が受け付けられている。

『アンノウン・プレジャーズ』はもう1枚のアルバム『クローサー』と共に来年、ピーター・フックによる特別講演で全編が演奏されることが決定している。

ジョイ・ディヴィジョンのメンバーとして4年間活動したピーター・フックは自身のバンド、ピーター・フック&ザ・ライトが2020年に活動10周年を迎えることを記念して、特別な2公演を来年行うことを発表している。

また、ジェイムス・ブレイクは現在行っているツアーでジョイ・ディヴィジョンの“Atmosphere”のカヴァーを披露している。今年1月にリリースした最新作『アシューム・フォーム』を携えてツアーを行っているジェイムス・ブレイクだが、ピアノでジョイ・ディヴィジョンが1980年に発表した“Atmosphere”をカヴァーしている。

観客が撮影した映像はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ