GETTY

Photo: GETTY

アヴィーチーの公式伝記本が来年刊行されることが彼の1周忌を受けて今週発表されている。

本名をティム・バークリングというアヴィーチーは2018年4月20日にオマーンのホテルの部屋で遺体で発見されている。享年28歳だった。

伝記はスウェーデン出身のジャーナリストであるモンス・モーセッソンによって執筆される。作者はこれまでにイタリア賞やストラ・ジャーナリスト賞を受賞している。本書はスウェーデンの出版社であるアルバート・ボニエ・フォローグから刊行される。

すべての収益はティム・バークリング財団に寄付される。ティム・バークリング財団はティム・バークリングの両親がメンタル・ヘルスの問題に取り組む人を支援するためにチャリティ団体で、「精神疾患や自殺防止の分野に取り組んでいる人々や団体を支援することに最初は主眼を置いた」団体だという。チャリティ活動は気候変動に関する運動、開発援助、絶滅危惧種や自然保護の問題にも広げていくとしている。

アヴィーチーは死後初となる楽曲“SOS”が今月リリースされている。シングル“SOS”は彼の本国スウェーデンでは2017年の“Without You”以来となるチャート1位を獲得し、4月24日に発表となった全英オフィシャル・トレンディング・チャートでも1位を獲得している。収益はティム・バークリング財団に寄付される。

1周忌を受けてアヴィーチーのツイッター・アカウントは「永遠に私たちの胸や精神、耳の中に」とツイートしている。

『TIM』と題された新作は6月6日にリリースされる。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ