GETTY

Photo: GETTY

チャーチズは一緒にコラボレーションをしたことのあるマシュメロがタイガやクリス・ブラウンと仕事をしたことにソーシャル・メディアで苦言を呈している。

今年3月にマシュメロとのコラボレーションによる新曲“Here With Me”をリリースしているチャーチズは現地時間4月25日、マシュメロがタイガやクリス・ブラウンが参加した新曲“Light It Up”をリリースしたことに対する遺憾の意をソーシャル・メディアで示している。

「マシュメロがタイガやクリス・ブラウンと仕事をすることを決めたことに私たちは当惑し、混乱しており、残念に思っています」とチャーチズはソーシャル・メディアに投稿した声明で述べている。

「私たちはマシュメロのことが好きですし、人として尊敬しています。しかし、他人に迷惑をかける人や虐待者と仕事をすることは、その振る舞いについての言い訳を許し、究極的には暗黙にそれを支持することに繋がるのです。それは私たちの支持するところではありませんし、今後支持することもありません」

クリス・ブラウンは2009年にロサンゼルスで当時交際していたリアーナに車の中で暴行を加えたとして逮捕され、加重暴行罪で有罪になっている。

“Here With Me”はチャーチズにとって2018年にリリースしたサード・アルバム『ラヴ・イズ・デッド』以来の新曲となっている。

一方、マシュメロは先日、ゲーム『フォートナイト』のオンライン上でライヴを行っており、ファンの1人は次のように評している。「これまでにビデオゲームで観てきた中で最高にクールなものだよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ