GETTY

Photo: GETTY

プリンスは今年の4月21日で亡くなってから3年を迎えたことを受けて世界各国のファンが彼に追悼の意を表している。

プリンスは2016年の4月21日にペイズリー・パークで亡くなっているところを発見されている。享年57歳だった。

プリンスは逝去から間もなくしてオピオイド(医療用麻薬)のオーヴァードーズによって亡くなったことが発表されている。また、プリンスは逝去時にヘロインの50倍の効果があるフェンタニルが体内にあったことも明らかになっている。

プリンスが亡くなってから3年を迎えたことを受けて、4月21日に世界各国のファンが彼に追悼の意を捧げている。ファンの1人は次のようにツイートしている。「プリンスが亡くなってから3年が経った……時はすぐに過ぎ去っていくけど、彼の音楽は永遠に続いていく」

別のファンは次のようにツイートしている。「素晴らしい音楽を作ってくれてありがとう。あなたの思い出は永遠です」

ファンによるツイートはこちらから。

「ショーディッチでの、3年前の今日に亡くなったプリンスへの素晴らしい追悼」

「プリンスは私のお気に入りのアーティストであり続けるわ。電車の中で彼が亡くなったことを知って、公共の場で涙を流さないように必死に抑えていたの。今日は天才である彼を思い出すのにふさわしい日よ」

「プリンスが亡くなってから3年。その音楽に感謝を」

「『モンスター・ラジオ』で悲しくもプリンスが3年前に亡くなったことを思い出させられたよ。時はすぐに過ぎ去っていくけど、彼の音楽は永遠に続いていく」

「ロンドンにて。『メトロ』誌が表紙でプリンスを追悼。3年前、私たちは音楽の伝説を失った」

「ロンドン地下鉄。2019年4月21日」

「3年が過ぎ去ったけど、決して忘れることはない」

プリンスは昨年、ユニバーサル・ピクチャーズが彼の一連のカタログの権利を獲得して、彼の音楽をモチーフにした映画を制作する計画が進行していることが明らかになっている。

『ヴァラエティ』誌によれば、ユニバーサル・ピクチャーズはプリンスの遺産管理団体と楽曲を使用する権利に関して合意に達したという。しかしながら、プリンスの楽曲が使用される本作は、現在公開されているクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のような彼の人生を追った伝記映画にはならないようだ。

報道によれば、本作はオリジナルの物語に沿ってプリンスの音楽が使用されるというものになるという。伝記映画のような作品にはしないというアイディアについては、プリンスの遺産団体とユニバーサル・ピクチャーズの間で合意に至っているとのことで、プリンスの自伝的な映画は1984年に公開された『パープル・レイン』で十分にカヴァーできていると両者は考えているという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ