GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・ブレイクは現在行っているツアーでジョイ・ディヴィジョンの“Atmosphere”のカヴァーを披露している。

今年1月にリリースした最新作『アシューム・フォーム』を携えてツアーを行っているジェイムス・ブレイクだが、ピアノでジョイ・ディヴィジョンが1980年に発表した“Atmosphere”をカヴァーしている。

これまでにジェイムス・ブレイクはジョニ・ミッチェル、ファイスト、フランク・オーシャン、ビル・ウィザーズ、ビヨンセらの曲をカヴァーをしている。

観客が撮影した映像はこちらから。

先日、ジェイムス・ブレイクはツアー生活がアーティストのメンタルヘルスに及ぼす影響について語っている。

「今かけだしのミュージシャンたちは、ツアーの落とし穴、ミュージシャン人生の落とし穴に気付いていないかもしれないね。 ツアー中のメンタル・ヘルスの問題については、この世代まで真の対処方法が置き去りにされてきたんだ」と彼は説明している。

「前の世代のアーティスト生活の影響というものがあると思っていてね。思うに僕たちは進み始めたばかりなのさ、『たぶん対処するために今までの方法を使うべきではない、おそらく誰かに話すべきだろう』ってね」

でも、ジェイムス・ブレイクは、UKツアーの締めくくりとして4月18日にロンドンのハマースミス・アポロで公演を行っており、現地時間5月26日にはオール・ポインツ・イースト・フェスティバルでクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと一緒に公演を行う予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ