GETTY

Photo: GETTY

エアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーは現地時間4月13日に行った公演でギターの演奏に苦労している様子が見受けられたことからファンの間で彼の健康状態に対する懸念が広がっている。

ジョー・ペリーは昨年11月にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたビリー・ジョエルの公演にゲストとして出演した際、公演終了後に倒れて病院に搬送されている。情報筋が当時「TMZ」に明かしたところによれば、ジョー・ペリーは「数週間前から呼吸の問題を抱えて」おり、それが「ピーク」に達してしまったのだという。

今回話題になっているのは現地時間4月13日のラスベガスでの定期公演の模様を収めた映像で、この映像はフェイスブックのエアロスミスのファン・ページである「エアロファナティック」で話題となっている。「ジョー……一体これは何? エアロスミスのいい時の悪い時も観たり聴いたりしてきたけど、これは純粋に心配になる。彼の体調が悪くないことを願うし、祈っている。これはファンとしてではなく、純粋に他の人の健康面が気になる1人の人間として言っているんだ。大げさかもしれないけど、心の中ではそうではない気がしているよ」

「エアロファナティック」の投稿はこちらから。

https://www.facebook.com/aerofanatic/posts/10156559176194285

ジョー・ペリーは2016年の7月にニューヨークのフォード・アンフィシアターで行われたハリウッド・ヴァンパイアーズのライヴでも意識を失っている。バンドメイトであるアリス・クーパーはその後、米『ローリング・ストーン』誌によるインタヴューの中でジョー・ペリーが疲労困憊で2日間何も食べていなかったことを明かしている。

エアロスミスは4月6日よりラスベガスのパーク・シアターでの連続公演「デュース・アー・ワイルド」をスタートさせており、年間を通してラスベガスで30公演以上を行う予定になっている。エアロスミスはメリーランド州のナショナル・ハーバーやニュージャージー州のアトランティック・シティ、マサチューセッツ州のスプリングフィールドにあるパーク・シアターと同じMGM系列の会場で公演を行うことも発表されている。

また、エアロスミスは7月にカナダのエデンベールで開催されるロクソダス・ミュージック・フェストとミネソタ州シャコピーで開催されるツイン・シティーズ・サマー・ジャムに出演することも決定している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ