GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュはネットフリックスで配信されたモトリー・クルーの伝記映像作品『ザ・ダート』についての感想を語っている。

伝記映像作品『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』は先月3月22日よりネットフリックスで配信が開始されている。本作では俳優のダニエル・ウェーバーがヴィンス・ニールを、ダグラス・ブースがニッキー・シックスを、「ゲーム・オブ・スローンズ」への出演で知られるイワン・リオンがミック・マーズ、マシン・ガン・ケリーがトミー・リーを演じている。

スラッシュはチリのラジオ局でジョージ・ラガスの番組に出演して、『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』に対する感想を明かしている。「モトリー・クルーの映像作品は素晴らしいと思ったね。というのも、数日前に観たところだったんあ。80年代の初頭や彼らの全キャリアに引き戻されたよ。だって、ここまでに起こったことはすべて覚えているからね。それと、自分が気づいていなかった内幕の詳細についても実情が分かったからね。でも、俺は公開されてよかったと思ってる」

しかし、ガンズ・アンド・ローゼズで同じような映像作品を作る見込みはあるかという質問には消極的な姿勢を示している。「ああいうガンズ・アンド・ローゼズの映画はやりたくないね。バンドのそれぞれのメンバーを演じる人を探そうとするなんて想像もつかないよ。無理そうだと思えるけどね」

むしろ、これまでの記録映像を使ったドキュメンタリーのほうが実現可能性は高いとスラッシュは語っている。「90年代からのコンサート映像がたくさん残っていると思うんだ。1991年から1994年については週7日24時間の映像があるようなもんだよ。ガンズ・アンド・ローゼズとして毎日ツアーに出ていたようなものだからね。ずっと倉庫に眠ったままなんだ。それをいつか編集して、出すことはやってみたいね。だから、どんなことになっているか見てみるよ」

先日、ガンズ・アンド・ローゼズは2019年初となるライヴの日程として今年9月にケンタッキー州ルイヴィルで開催されるラウダー・ザン・ ライフ・フェスティバルに出演することが発表されている。

ラウダー・ザン・ ライフ・フェスティバルには他にヘッドライナーとしてスリップノット、ディスターブドが出演することが発表されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ