GETTY

Photo: GETTY

モトリー・クルーのトミー・リーは『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』に寄せられた批判的なレヴューに反論している。

『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』は3月22日よりネットフリックスで配信されている。

トミー・リーが反応を示したのは『エスクァイア』誌に掲載されたマディソン・ヴェインによるレヴューで、彼女は『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』について「女性を卑しめている」内容だとしているほか、「モトリー・クルーの覇権をおとぎ話にしていると感じずにはいられない」と評している。

マディソン・ヴェインは次のように続けている。「この映画を観て、誰かを応援しようという気分になる者はいないだろう。だからと言って、誰かを嫌いにさせるわけでもない。誰かのことを生きていて幸運だと思うこともないだろう。そして、それは実際に1987年にヘロインのオーバードーズで命を失いかけ、胸にアドレナリン注射を打って一命をとりとめたニッキー・シックスについても言えることだ」

『エスクァイア』誌にマディソン・ヴェインによる批評が掲載された翌日、トミー・リーは彼女に向けてツイッターで「君が『エスクァイア』で書いている『ザ・ダート』のレヴューは笑えるな。(監督の)ジェフやキャストたちは見事にやってくれたし、まさに俺たちの人生だった」と反論している。「それに、君は30代なんだって? お嬢ちゃん、君はこういう人生のことを分かってない……君の頑張りには感謝しているけどね」

『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』は現在、批評家や一般ユーザーによるレヴューを掲載している大手批評サイト「ロッテン・トマト」での肯定的なレヴューの割合が、批評家による50件のレヴューの内において42%、記事執筆時点で917人から寄せられている一般ユーザーからのレヴューの内において85%となっている。

『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』に否定的な批評を寄せているのは、『エスクァイア』誌だけではなく、映画サイト「インディー・ワイアー」は同作を「素晴らしいまでに酷い」とした上で、「数多いる他のバンドでも同じものが作れた」と評しているほか、『ロサンゼルス・タイムズ』紙は「驚くほどに的外れ」で、「バンド・メンバーたちや、彼らが作家のニール・ストラウスと共に書いた原作と同様に退屈で女性蔑視的」だと評している。

一方で、『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』に好意的な批評を寄せているメディアとしては、「ディサイド」が同作を「やましい楽しみ」と評しているほか、『ザ・ ガーディアン』紙は、バンド・メンバーを演じた俳優陣が作り出した「親密なグループによるアンサンブルが力となり、映画の質を高めている。それはまるで、現実世界を見ているかのようだ」と評している。

2001年に刊行された自伝『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』を原作とする本作は2006年より制作が進められてきた。最終的に撮影は昨年行われ、バンドも映像作品のプロデューサーを務めている。

この映像作品ではヴィンス・ニールを俳優のダニエル・ウェーバーが演じており、ラッパーのマシン・ガン・ケリーがトミー・リーを、ダグラス・ブースがニッキー・シックスを、「ゲーム・オブ・スローンズ」への出演で知られるイワン・リオンがミック・マーズを演じている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ