GETTY

Photo: GETTY

ヘイリー・ビーバーは夫のジャスティン・ビーバーの熱狂的なファンによって苛立ちを感じていると明かしている。

ヘイリー・ビーバーは昨年9月に秘かにニューヨークの庁舎でジャスティン・ビーバーと入籍している。

新たなインタヴューの中でヘイリー・ビーバーは何百万人ものファンの憧れであった世界的に有名なポップスターとの結婚の難しさについて語っている。

「問題なのはファンが有名人に独占欲を持つようになって、有名人が傷ついているのを見ると、自分まで傷ついているように感じたりすることよね」と彼女は『コスモポリタン』誌に語っている。

「有名人たちについてはその生活がさらされているから、その人のことを知っているように考えてしまうの。それが最も私が苛立ちを感じていることね」

彼女はジャスティン・ビーバーのファンが自身らの関係について根拠もなく想像し、「頭の中でシナリオを作る」ことにうんざりしていると説明している。

「私としては『実際には私のことも知らないし、彼のことも知らない。現実に知り合いというわけじゃない』という感じね」と彼女は続けている。 「本当に奇妙なのは、彼らが起こっていると考えていること、または起きるべきだと考えていることについて頭の中でシナリオを作ることよ。『とても馬鹿げている。本当に馬鹿げてる』と思うわ」

ヘイリー・ビーバーはソーシャルメディア上でジャスティン・ビーバーのファンからソーシャル・メディアで「意地悪」なコメントが寄せられることへの対応策についても語っている。

「コメントを読まなければいいことに気づいたの。みんな意地悪になりうるのね、そしてそれを受け取りたくなければ、読まないでおけばいいの、自分の心に影響を与えないようにね」とヘイリーは語っている。

「まだある程度気にしているわ。本当に『OK、なんで私は気にしているんだろう』という感じで、脳を訓練する必要があるの。 彼らは私の知り合いじゃないし、私は彼らの知り合いじゃないし、彼らは私の人生や人間関係の一部じゃないもの」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ