GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは息子であるジーン・ギャラガーがスタジオにいる写真をツイートしたことで、彼の新作に息子が参加していると見られている。

2017年発表の『アズ・ユー・ワー』に続く新作はレコーディングが進められており、元々は昨年中の完成が示唆されていた。

今回、リアム・ギャラガーはスタジオでの写真を新たに投稿している。写真はジーン・ギャラガーが様々な楽器に囲まれた中でボンゴを演奏するものとなっている。「ジーンが俺の新曲のためにボンゴをレコーディングしたんだ」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

新作の正式なリリース日は発表されていないものの、先日、リアム・ギャラガーはアルバムについて「あと数週間」で完成するとし、「もう少しの微調整」が必要だと述べていた。

今年1月にリアム・ギャラガーは新作のレコーディング・セッション中のものと思われる、スタジオでマイクに向かって歌っているところを収めた映像がオンラインで公開されていた。

ジーン・ギャラガーが音楽業界に乗り出したのはこれが初めてではなく、昨年10月に自身のロック・バンドを結成したことを発表している。

グライモと名付けられたバンドでジーン・ギャラガーはギターを担当している。友人のコディ・グリマルディもまたギターを担当し、アルフ・キャロルがドラムを担当するという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ