PRESS

Photo: PRESS

エアロスミスとAC/DCはレアル・マドリードの選手であるセルヒオ・ラモスの結婚式でパフォーマンスを行う可能性が報じられている。

レアル・マドリードのディフェンダーであるセルヒオ・ラモスは6月15日に自身が所有するセビリアの農場で交際相手のピラール・ルビオと結婚式を行う予定となっている。

スペインのスポーツ紙『アス』によれば、セルヒオ・ラモスとピラール・ルビオは結婚式でパフォーマンスを行ってもらうために数ヶ月前からエアロスミスやAC/DCと交渉を行っているとのことで、現時点でエアロスミスには参加してもらえそうだという。

セルヒオ・ラモスとピラール・ルビオは先日スペインのテレビ番組「エル・オルミゲロ」に出演して、結婚式についてとてもプライベートなものになると語っている。「ゲストたちには会場に入る時に携帯やカメラを置いていってもらう。リラックスして、楽しんでもらいたいんだ」とセルヒオ・ラモスは語っている。

ピラール・ルビオは以前、セルヒオ・ラモスとの婚約を発表した際、結婚式では世界的に有名なアーティストにパフォーマンスしてもらいたいと語っていた。

ピラール・ルビオは当時、次のように語っていた。「すごく大規模なものになるわ。どんなものになるかは言えないけどね」

「ウェディング・ドレスを着るのと同じくらい、結婚をした後の生活のことも楽しみにしているわ」

エアロスミスは4月6日よりバンドの結成50周年を記念したラスベガスでの連続公演を行うことが決定している。

一方、AC/DCは先日より報じられている新作に1977年から2016年までベーシストを務めていたクリフ・ウィリアムズが参加している可能性が浮上している。

クリフ・ウィリアムズは昨年の12月、バンドのフロントマンを務めるブライアン・ジョンソンと共にヴァンクーバーのホテルでパーソナル・トレーナーと共に撮った写真が公開されており、今回の噂が巻き起こることとなっている。

ブライアン・ジョンソンは昨年、ヴァンクーバーで元ドラマーのフィル・ラッドといるところも目撃されている。フィル・ラッドは、殺人の脅迫と薬物所持の罪で有罪判決を言い渡されたことを受けて2015年にAC/DCからの脱退を余儀なくされていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ