GETTY

Photo: GETTY

ザ・プロディジーのフロントマンであるキース・フリントはエセックスのブレインツリーに銅像を建てるための署名活動が行われており、多数の署名が集まっていることが明らかになっている。

キース・フリントは3月4日にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。メンバーはキース・フリントについて「真のパイオニアにして革新者であり、伝説」と評し、リアム・ハウレットは自殺で亡くなったことを明かしていた。キース・フリントは3月11日に検視の結果が発表され、彼の死に事件性はなく、首を吊って亡くなったことが明らかになっている。

今回、ザ・プロディジーが1990年にバンドを結成したブレインツリーの街にキース・フリントの銅像を建てるための署名活動がオンライン上で立ち上がっている。キース・フリントはかつてブレインツリーの大学に通っていたことでも知られている。

オンライン上ではすでに5,000件に近い署名を集めており、請願書は地元の議会に送られる予定となっている。

「キースはブレインツリーの人々にとっての重要な存在だっただけではなく、世界中での人々から愛され、尊敬を集めた音楽業界の中心人物でした」と署名活動を始めたサフィア・ガウアーは記している。「ブレインツリーの私たちは、ザ・プロディジーのホームタウンとして彼のことを記憶しておくべきです。そうすることで、メンタルヘルスについて話すことの大切さや、1人で苦しむ必要はないということを改めて思い出させることにもなるでしょう」

「キース・フリントは音楽業界におけるアイコンで、レジェンドでした。彼は何年にもわたって多くの人々に多大な影響を与え、ステージの上やそれ以外の場所で彼が発揮していたエネルギーや情熱は、魔法のようなものでした。彼は愛に溢れた心の優しい人でもあり、私たちは彼の訃報に心から悲しんでいます。ザ・プロディジーの音楽やキースの思い出は、これからも私や何百万人もの人々の人生における大部分を占めていくことでしょう」

サフィア・ガウアーは次のように続けている。「多くの署名が集まった後で地元の議会に請願書を提出し、どんな議論や貢献をしていただけるかを見守っていくことになります。まだ始まったばかりではありますが、いい結果が得られることを願っています。親たちの世代にはザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズがいました。私たちの世代にはザ・プロディジーがいます。マンチェスターがオアシスなら、ブレインツリーにはザ・プロディジーがいるのです」

「私たちはキース・フリントの訃報を聞いて悲しみに包まれました。彼は私たちの文化的な遺産における象徴的な存在で、多くの住人たちがザ・プロディジーの音楽を聴いて育ちました」とブレインツリー群議会のスポークスウーマンは述べている。

「請願書が提出された後で、私たちは彼の貢献を記憶しておくための適切な方法を探っていく予定です」

一方、キース・フリントの訃報を受けて、ファンの間ではバンドを代表する楽曲である“Firestarter”を全英1位にしようという運動も立ち上がっており、現地時間3月11日に発表された全英シングル・チャートの中間速報で57位にランクインしていることが明らかになっている。

ザ・プロディジーは先週末にソーシャル・メディアで改めてキース・フリントに追悼の意を表し、ファンからのサポートや追悼に対する感謝を述べている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ