PRESS

Photo: PRESS

アヴリル・ラヴィーンは3月27日にミニ・アコースティック・ライヴを含むファン・イベントが開催されることが決定している。

アヴリル・ラヴィーンは先月、通算6作目となるアルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』をリリースしており、そのプロモーションのため、5年ぶりに来日することが決定している。

ファン・イベントはツイッターでのフォローやリツイートのほか、下記サイトからの応募で参加できるという。

https://www.sonymusic.co.jp/artist/avrillavigne/event/101437

アヴリル・ラヴィーンは今回の来日の前にアブダビで3月14日から開催されるスペシャル・オリンピック2019のセレモニーに登場し、パフォーマンスを披露することも決定している。これはアヴリル・ラヴィーンが2010年に立ち上げ、以来音楽活動と並行して継続している自身のチャリティ財団「アヴリル・ラヴィーン・ファンデーション」の活動の一環として出演するものだという。

アヴリル・ラヴィーンは次のコメントを寄せている。「スペシャル・オリンピックでパフォーマンスを披露することが決まり、とても嬉しく思っています。私たちに勇気を与えてくれる選手たちは、私がチャリティを続ける大きな信念でもあります。彼らの勇気、そしてひとつのことをやり抜くその姿に、ぜひ輝く光を当てることができたらと望んでいますし、このイベントに参加させて頂くことをとても光栄に思っています」

日本のファンに向けては、アヴリル・ラヴィーンは次のようなコメントを寄せている。「私が病気と闘っている間も、ずっと私のことを待っていてくれた日本のファンのみなさん、本当にありがとう。日本が本当に大好きです。私と、そして私の音楽をずっとサポートしてくれて心から感謝しています。みなさんに久しぶりに会えるのをとても楽しみにしています!」

新作『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ