GETTY

Photo: GETTY

ザ・プロディジーのフロントマンであるキース・フリントは3月11日に検視の結果が発表され、首を吊って亡くなったことが明らかになっている。

キース・フリントは3月4日にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。メンバーはキース・フリントについて「真のパイオニアにして革新者であり、伝説」と評し、リアム・ハウレットは自殺で亡くなったことを明かしていた。

「警察が到着して、すべての手続きがそれに続き、彼の死は事件性がないと確認されました」と検視官のリンジー・シャッフェは本日の検視の冒頭で述べている。3月7日にブルームフィールド病院で行われた検視で暫定的な死因として首を吊って亡くなったと発表されている。しかし、薬物検査の結果を検視官は待っているとのことで、まだ最終的な検視結果とはなっていない。

最終的な検視報告は7月23日まで一時保留されるという。

「深いショックと悲しみと共に我々の兄弟であり、親友であるキース・フリントが亡くなったことを発表します」とリアム・ハウレットとマキシムは訃報を受けて声明で述べている。「真のパイオニアにして革新者であり、伝説でした。彼は永遠に惜しまれることになるでしょう。今は関係者のプライバシーに御配慮いただけると有り難いです」

キース・フリントの死を受けてザ・プロディジーはすべてのライヴをキャンセルすることを発表しており、ザ・プロディジーは今夏のグラストンベリー・フェスティバルに出演予定だったことも明らかになっている。

一方、キース・フリントの訃報を受けて、ファンの間ではバンドを代表する楽曲である“Firestarter”を全英1位にしようという運動も広がっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ