GETTY

Photo: GETTY

ザ・プロディジーはソーシャル・メディアで改めてキース・フリントに追悼の意を表し、彼のことを「兄弟」と呼びかけている。

キース・フリントは3月4日にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。享年49歳だった。彼は自殺で亡くなったと見られている。

今回、バンドはキース・フリントがリアム・ハウレットと一緒にバーにいる昔の写真をインスタグラムに投稿している。

投稿のキャプションには次のように添えられている。「2人の兄弟が夜繰り出した時のものだよ」

View this post on Instagram

Two brothers on a night out.. #theprodigy

The Prodigy officialさん(@theprodigyofficial)がシェアした投稿 –

先日、ザ・プロディジーのマネージャーはキース・フリントが今週亡くなったことを受けて追悼の意を表している。

「ザ・プロディジーに対するキースの貢献がなければ、僕にとって人生はまったく違ったものになっていただろうし、ここ36時間にわたってこの類稀なパフォーマーの旅立ちに対する喪失の感覚を表現する声が足りないなんてことも存在しなかった」と彼は述べている。

彼は次のように続けている。「最初のライヴをやる前にザ・プロディジーとXLレコーディングスが契約し、僕は幸運にもバンドの発展における初期段階の内実をユニークにも見ることができた。90年代初頭にフロリダのバーで演奏することがあった。そこにいる人の多くは当惑した表情で小さなステージを眺めていたよ」

「誰にも止められないキースはステージを降りて、観客に混じって場を盛り上げるのに多くの時間を使って、それぞれ1人1人とコミュニケーションをとっていったんだ。それは彼がバーの一番高い所に陣取るまで続き、そこで彼は疑いの目で見る人々を味方につけたことが分かったんだよね。1997年の夏に彼らは世界中でアルバムがナンバー・ワンになったわけだけどさ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ