GETTY

Photo: GETTY

ザ・フレーミング・リップスは『ザ・ソフト・ブレティン』が20周年を迎えたことを記念して、名作を全編演奏するUKでのスペシャル・ツアーを行うことが発表されている。

1999年にリリースされた通算9作目となる同作は批評的に絶賛され、“Race for the Prize”と“Waitin’ for a Superman”といった楽曲が収録されている。アルバムはこの年の『NME』が選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。

リリースから20年となったことを受けて、今年の秋に『ザ・ソフト・ブレティン』を演奏する公演がエジンバラ、マンチェスター、ロンドンで行われることが発表されている。3公演のツアーは9月7日にロンドンのブリクストン・アカデミーで行われる公演で締めくくられる。

ツアー日程は以下の通り。

September 5 – Usher Hall, Edinburgh
September 6 – Manchester Academy, Manchester
September 7 – Brixton Academy, London

2011年にザ・フレーミング・リップスはオール・トゥモローズ・パーティーズによるドント・ルック・バックと題した公演で『ザ・ソフト・ブレティン』をロンドンのアレクサンドラ・パレスで披露している。

昨年、ザ・フレーミング・リップスは1993年から2017年までの楽曲を収録した『グレイテスト・ヒッツ vol.1』をリリースしている。同作にはB面曲やアウトテイク、前衛的な楽曲も収録されている。

ザ・フレーミング・リップスはザ・クラッシュのミック・ジョーンズがナレーションで参加したニュー・アルバム『キングズ・マウス』を4月13日にリリースすることも決定している。

また、ザ・フレーミング・リップスのウェイン・コインは今年の初めに長年のパートナーであるケイティ・ウィーヴァーと巨大な透明バルーンの中で結婚を果たしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ