Graham MacIndo

Photo: Graham MacIndo

ザ・ナショナルはニュー・アルバム『アイ・アム・イージー・トゥ・ファインド』よりニュー・シングル“You Had Your Soul With You”が公開されている。

先週、通算8作目となる来たるニュー・アルバムのミキシングを終えたことが明らかになっていたザ・ナショナルだが、新曲のタイトルが書かれたスタジオでの写真を公開していた。

View this post on Instagram

Photo by @grahammacindoe

The Nationalさん(@thenational)がシェアした投稿 –

今回、アルバムからの最初の楽曲となる“You Had Your Soul With You”が公開されている。厳粛な楽曲となっている新曲は2017年発表の『スリープ・ウェル・ビースト』の流れをくむものでありながら、細かいエレクトロニカとシネマティックなアレンジが足されたものとなっている。この曲にはデヴィッド・ボウイとのコラボレーションで知られるゲイル・アン・ドロシーがゲスト・ヴォーカルで参加している。

アルバムにはリサ・ハニガン、シャロン・ヴァン・エッテン、ミナ・ティンドル、ディス・イズ・ザ・キットことケイト・ステイブルズ、ブルックリン少年合唱団も参加しているという。

「そう、今回はたくさんの女性が歌っているんだ。でも、それはもっと女性の声を増やそうという理由ではないんだ」とフロントマンのマット・バーニンガーは語っている。「人々のアイデンティティの基礎をもっと入れようというものだったんだ。他の男性シンガーも入ってくれたら、もっとよかったんだろうけど、それは僕のエゴのせいで実現することはなかったんだ」

新曲“You Had Your Soul With You”の音源はこちらから。

新作『アイ・アム・イージー・トゥ・ファインド』は5月17日にリリースされる。アルバムはマイク・ミルズが監督したアルバムと同名のショート・フィルムと共にリリースされる。

「マイク・ミルズ監督、アリシア・ヴィキャンデル出演のショート・フィルム『アイ・アム・イージー・トゥ・ファインド』について発表することができて喜んでるよ。僕らのニュー・アルバム『アイ・アム・イージー・トゥ・ファインド』は5月17日に4ADよりリリースされる」とバンドは発表している。「ショート・フィルムはアルバムのためのミュージック・ビデオというわけじゃないんだ。そして、アルバムもショート・フィルムのサウンドトラックということではないんだ」

ショート・フィルムからは新曲“Ryan”を使用したトレイラー映像も公開されている。

マイク・ミルズはこのプロジェクトについて「お互いのことを真似し合うことが大好きな、おどけて反目している兄弟」のようなものと述べている。

国内盤のリリースも決定しており、国内盤はボーナストラック1曲が追加収録され、歌詞対訳、ライナーノーツが封入される。

リリースの詳細は以下の通り。

label: BEAT RECORDS / 4AD
artist: The National
title: I Am Easy To Find
release date: 2019/05/17 FRI ON SALE
国内盤CD 歌詞対訳/解説書封入
4AD0154CDJP ¥2,400+税
01. You Had Your Soul With You
02. Quiet Light
03. Roman Holiday
04. Oblivions
05. The Pull Of You
06. Hey Rosey
07. I Am Easy To Find
08. Her Father In The Pool
09. Where Is Her Head
10. Not In Kansas
11. So Far So Fast
12. Dust Swirls In Strange Light
13. Hairpin Turns
14. Rylan
15. Underwater
16. Light Years
+ Bonus Track for Japan

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ