GETTY

Photo: GETTY

ザ・キュアーの元ドラマーであるアンディ・アンダーソンは末期ガンとの闘病の末に68歳で亡くなり、ザ・キュアーやイギー・ポップも追悼の意を表している。

アンディ・アンダーソンがザ・キュアーのフロントマンであるロバート・スミスと初めて仕事をしたのは1983年のことで、ロバート・スミスとスージー・アンド・ザ・バンシーズのスティーヴン・セヴェリンによるプロジェクト、ザ・グローヴがリリースした唯一のアルバム『ブルー・サンシャイン』でドラムを担当している。

アンディ・アンダーソンはザ・キュアーからの脱退後、イギー・ポップやセックス・ピストルズのグレン・マトロック、エドウィン・コリンズ、ピーター・ガブリエル、アイザック・ヘイズなど、多くのアーティストのバンドに参加している。アンディ・アンダーソンはAAミュージックという名前でソロとしても活動していた。

アンディ・アンダーソンは先週、フェイスブックで末期ガンを患っていることを明かしていた。

「やあ、みんな。ステージ4のガンを患ってしまって、回復の見込みがないんだ。身体中に転移していてね。僕は至って元気で、自分の状況を理解しているよ」とアンディ・アンダーソンは明かして、続けて今後の治療について綴っていた。

彼の訃報は「ポストパンク.com」で報じられており、ザ・キュアーの結成メンバーで彼の近しい友人であるローレンス・トルハーストによってツイッターで伝えられている。現時点で公式の発表はされていない。

ローレンス・トルハーストは次のようにツイートしている。「沈痛な思いと共に、ザ・キュアーの兄弟が亡くなったことを報告しなければいけないんだ。アンディ・アンダーソンは真のジェントルマンで、粋なユーモアのセンスを最後まで持ち続けた素晴らしいミュージシャンだった。最後の最後まで、美しい心を持っていたことを証明してくれたんだ。彼と知り合えたことを幸運に思うよ」

ザ・キュアーは元バンドメイトであるアンディ・アンダーソンの写真をフェイスブックに投稿して、次のように追悼の意を表している。「アンディ・アンダーソンを偲んで」と述べている。「偉大なドラマーで、偉大な男だった」バンドはジョージ・ゴードン・バイロンの詩『ソー・ウィール・ゴー・ノー・モア・ア・ローヴィング(原題)』の一節を引用して次のように続けている。「月の明かりに照らされているけど、もう彷徨うのは終わりにしよう」

https://www.facebook.com/thecure/posts/10155768726226402

イギー・ポップもツイッターでアンディ・アンダーソンを追悼の意を表しており、次のようにツイートしている。「アンディは偉大な男だった。彼は僕が今までに出会ったり働いたりしてきた、最も素敵な人たちの1人だった。彼がいなくなってしまったことを本当に残念に思うよ」

ローレンス・トルハーストは続けて投稿したツイートの中で、現地時間2月26日の午後6時前にアンディ・アンダーソンが亡くなったことを認めている。

「(妻の)シンディと僕は、アンディと一緒にいた友人からUK時間の午後5時57分に彼が亡くなったことを聞いたんだ。彼が自宅で安らかに息を引き取ったと聞いて、少しだけ気持ちが和らいだよ」

同じくアンディ・アンダーソンの友人であるショーン・ダンモアはフェイスブックで次のように述べている。「アンディ・アンダーソンはきっと、献身的に愛情を与えてくれたファンや友人のみんなに、とても悲しいことに彼が亡くなってしまったことを知ってもらいたいと思っているはずだよ」

「次なる冒険に出たんだ。新しいギグだよ。親切で優しかった彼との素晴らしい思い出を全員が持っている。アンディはきっと、僕たちに悲しむのではなく、人生の楽しさを祝福してほしいと思っているはずだよ」

https://www.facebook.com/sean.dunmore.1/posts/2354485281448455

https://www.facebook.com/AndyAnderson60/posts/10215485210017640

アンディ・アンダーソンは、ザ・キュアーで元々ドラマーを担当していたローレンス・トルハーストがキーボードに転向した1983年にドラマーとして加入し、1984年までバンドに参加している。アンディ・アンダーソンはバンドの5作目のアルバム『ザ・トップ』に参加しているほか、コンピレーション・アルバムの『ジャパニーズ・ウィスパーズ』や、“Love Cats”や“The Caterpilla”といったシングル、ライヴ・アルバム『コンサート ー ザ・キュアー・ライヴ』に参加している。

一方、ザ・キュアーは今夏にフジロック・フェスティバルへの出演を含むツアーを行うことが発表されているほか、待望の新作が完成に近づいていることが報じられている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ