GETTY

Photo: GETTY

アダム・ランバートは先週リリースしたニュー・シングル“Feel Something”について語っている。

アダム・ランバートは2月22日に“Feel Something”をリリースしている。この曲は2017年発表の“Two Fux”以来のシングルとなっている。

リリースに先立ってアダム・ランバートは“Feel Something”について「この曲は暗い時期から這い上がることや、幻滅感に逆らうこと、必要なものを手にすること、心を開くことについて書いてるんだ」とソーシャル・メディアで述べている。

アダム・ランバートはさらに新曲について次のように述べている。「絶望を感じていた時、みんなが進み続ける後押しをしてくれた。音楽を作るのも演奏するのも好きだけど、アーティストとしてのビジョンに妥協してきたことが何度もあったんだ、上の人が芸術性でなく金儲けにのっとって決断を下したりね。誤解しないでほしい。自分の作品には本当に誇りを持ってるよ」

「でも、自分の芸術性を見限っていた暗黒時代が一瞬あってね、それによってメンタル・ヘルスが害されていたんだけどそこを抜けてきたんだ」と彼は続けている。「自問することを始めたんだよ、『すべて頑張る価値があるのか?』全神経を作品に注いでいて、パーソナルな人生から分離し始めたような気分でね。自尊心が傷ついてたんだ。孤独で、落ち込んでいたんだよ」

アダム・ランバートはクイーン+アダム・ランバート名義で第91回アカデミー賞授賞式で冒頭を飾るパフォーマンスを披露しており、映画『ボヘミアン・ラプソディ』は最多となる4部門を受賞している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ