GETTY

Photo: GETTY

クイーン+アダム・ランバートは今年のアカデミー賞授賞式でパフォーマンスを行うことが発表されている。

アダム・ランバートはツイッターでこのニュースを伝えており、現地時間2月24日に行われるアカデミー賞の授賞式でクイーンと共に「ロックする」とツイートしている。

クイーンやフレディ・マーキュリーについて描いた映画『ボヘミアン・ラプソディー』はアカデミー賞で作品賞を含む5部門にノミネートされている。本作で主役のフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックは主演男優賞にノミネートされている。

アカデミー賞の公式アカウントもツイッターでクイーンの出演を予告しており、“Bohemian Rhapsody”の歌詞を引用して「これは現実でしょうか? それともただのファンタジーでしょうか?」とツイートしている。

2009年に「アメリカン・アイドル」に出演したことがきっかけでキャリアをスタートさせたアダム・ランバートは、2014年から2018年にかけてリード・シンガーとしてクイーンのワールド・ツアーに参加している。現在のクイーンにはオリジナル・メンバーであるギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが参加しているものの、オリジナル・ベーシストのジョン・ディーコンは約30年間クイーンとのパフォーマンスを行っていない。

アダム・ランバートは先日、数ヶ月に及ぶ噂に決着をつけ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』に出演していることを認めている。

問題のシーンはツアー中にフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)がガールフレンドのメアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)に電話をかけている時にアダム・ランバートがフレディ・マーキュリーに近づいていく時のもので、トラック運転手の帽子と無造作な髪の毛の格好のアダム・ランバートはトイレでの情事を匂わせる形でフレディのことを長く見つめている。

『ボヘミアン・ラプソディ』はこれまでに多くの映画賞で賞を受賞しており、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)を受賞しているほか、ラミ・マレックはゴールデン・グローブ賞で主演男優賞(ドラマ部門)を、英国アカデミー賞で主演男優賞をそれぞれ受賞している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ