Alix Malka / Press

Photo: Alix Malka / Press

セリーヌ・ディオンは2020年公開で伝記映画が制作されると報じられている。

『ヴァラエティ』誌によれば、映画はセリーヌ・ディオンの曲名にちなんで『ザ・パワー・オブ・ラヴ(原題)』と題されており、セリーヌ・ディオン本人から楽曲の使用許可を得たとのことで、フランス人女優のヴァレリー・ルメルシェが監督を務め、彼女がセリーヌ・ディオン役も演じるという。

映画はセリーヌ・ディオンの幼少期からスターになるまでを追ったものになるとされている。

セリーヌ・ディオンは先日、ダンサーのぺぺ・ムノズと交際しているのではないかと報じられていたが、その噂を否定している。

セリーヌ・ディオンとぺぺ・ムノズはパリで開催されたオートクチュール・ファッション・ウィークで手を組んで歩く姿が撮影されていた。

しかし、セリーヌ・ディオンは『ザ・サン』紙に単に友人だと語っている。「私たちは友人なの。親友なのよ。もちろん、ハグすることはあるし、手を繋いで、出かけることもある。人はそれを見ただけよ。つまり彼は紳士なのよ。出かける時に手を差し出してくれるの。私は気にしないわ。彼はハンサムだし、親友だからね」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ