Andy Hughes/Press

Photo: Andy Hughes/Press

レイザーライトは10月26日にリリースされた10年ぶりとなる新作『オリンパス・スリーピング』の日本盤が12月19日にリリースされることが明らかになっている。

日本盤はボーナス・トラックが4曲収録され、3面紙ジャケット仕様となっている。

ジョニー・ボレルは新作について「ロックンロールへのラヴレター」だと語り、レイザーライトとしてアルバムを作るのにここまで時間がかかってしまった理由を語っている。

「ずっとレイザーライトとしてアルバムを作ってなかったわけだけど、それはアルバムを作る時はいつでも、自分のベストを注ぎ込めると感じる時しかやらないからなんだよね」とジョニー・ボレルは『NME』に語っている。「レイザーライトをやめたわけではなかったんだ。インスピレーションのある適切な時が来れば、もう一度やることになるだろうって分かっていたんだ」

アルバムにはジョニー・ボレルにとってのドラムヒーローであるプリテンダーズのマーティン・チェンバースが参加しており、新加入のデヴィッド・エリスを含めたトリオ編成を基本に制作されている。

リリースの詳細は以下の通り。

Razorlight / Olympus Sleeping
レイザーライト『オリンパス・スリーピング』
2018.12.19 on sale!
PCD-24797
日本盤ボーナス・トラック4曲収録
解説:粉川しの
歌詞対訳付
3面紙ジャケット仕様
1. Got To Let The Good Times Back Into Your Life
2. Razorchild
3. Brighton Pier
4. Good Night
5. Carry Yourself
6. Japanrock
7. Midsummer Girl
8. Iceman
9. Sorry?
10. Olympus Sleeping
11. No Answers
12. City Of Women
13. Olympus Sleeping (Acoustic)*
14. Got To Let The Good Times Back Into Your Life (Acoustic)*
15. Midsummer Girl (Acoustic)*
16. Carry Yourself (Acoustic)*
*=日本盤ボーナス・トラック

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ