GETTY

Photo: GETTY

ミューズはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行う一夜限りのチャリティ・ライヴの詳細を発表している。

ミューズは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をテーマにし、俳優のテリー・クルーズが出演しているという新曲“Pressure”のミュージック・ビデオを現地時間9月27日に公開している。ミューズは通算8作目のニュー・アルバム『シミュレーション・セオリー』を11月9日にリリースする予定となっている。今回、ミューズは12月3日に行われるザ・プリンス・トラストのためのチャリティ・ライヴの詳細について発表している。

このライヴは2017年のレディング&リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めて以来、イギリスでの初めてのライヴになる。購入には身分証が必要で、1人につき2枚までとなっている。VIPチケットも販売されるといい、ファンはバンドと一緒に建物のガイド・ツアーに参加できるという。

「長きにわたって、僕たちはザ・プリンス・トラストの仕事に感心してきたんだ」とフロントマンのマシュー・ベラミーは語っている。「僕たちがバンドとしてスタートした頃、ザ・プリンス・トラストは少し出資してくれたんだ、僕たちの最初のPAシステムを買うためのね。いまだにそれを持っているよ。正しい道を切り開いてくれる手助けとなってくれて、彼らの資金を集めるためにライヴができることを喜んでいるんだ」

ザ・プリンス・トラストの最高責任者であるニック・ステイスは次のように語っている。「私たちはプリンス・トラストの同志としてミューズというバンドを挙げられることを信じられないくらい誇りに思っています、そして、彼らがチャリティのためにスペシャルなライヴを行ってくれることにとても興奮しています。このライヴではザ・プリンス・トラストの仕事である若い人々が最大限の可能性を発揮し夢へ到達することを助けるための重要な資金の調達に使われます」

ミューズは先日2019年ワールド・ツアーの開催都市を発表している。日程や会場の詳細は明かされていないものの、イギリスではブリストル、ロンドン、マンチェスターで行うことが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ