GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは名作『ドゥーキー』を全編演奏するリハーサルを行ったことが明らかになっている。

1994年にリリースされたポップ・パンクの名作である『ドゥーキー』は、“Basket Case”、“Longview”、“Welcome To Paradise”、“When I Come Around”といったシングルを収録しており、ファンに最も人気の高い作品の一つとなっている。グリーン・デイは2013年のレディング&リーズ・フェスティバルでアルバムの全編演奏を行っている。

今回、ドラマーのトレ・クールはインスタグラムでアルバム全編のリハーサルを行ったことを報告しており、もう一度全編演奏を行うのではないかと見られている。

Fun band practice – swipe to see the set list we played today …—>

Tre' Coolさん(@trecool)がシェアした投稿 –

来年はアルバムのリリースから25周年となり、『ドゥーキー』を記念したツアーを行うのではないかという憶測がファンからは生まれている。

先日、ビリー・ジョー・アームストロングは新バンド、ザ・ロングショットのアルバム『ラヴ・イズ・フォー・ルーザーズ』のリリースに際して、グリーン・デイが解散したのではないかという噂を否定していた。

「グリーン・デイについて、何かあったんですかとか、解散するんですかって訊いてくる人たちがいるんだけどさ」とビリー・ジョー・アームストロングは語っている。「答えはノーだよ」

「友人の何人かと楽しんでいるんだよ。俺はいわゆる『ミュージシャン』だからね。たまにその意味をよく分かっていない人もいるみたいだけどさ。そういうわけで、黙っててくれって感じなんだ。泣き言を言うなよ。俺は音楽をやっていて、それが自分のやるべきことだからなんだ。それがギターやベース、ドラムを演奏したり歌ったりする人たちのやることであって、つまり俺たちがやることなんだ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ