GETTY

Photo: GETTY

ミューズのフロントマンであるマシュー・ベラミーは、最新シングル“Something Human”をリリースしたことを受けて次回作のツアーのプランについて語っている。

ミューズは、現地時間7月19日にドラマ「ティーン・ウルフ」にインスピレーションを得た“Something Human”のミュージック・ビデオを公開している。

ミュージック・ビデオは、バンドの“Dig Down”や“Thought Contagion”のビデオも監督したランス・ドレイクが監督を務めている。

マシュー・ベラミーは今回、バンドの次なるツアーや音楽の方向性について語っている。ミューズの新作は今年の11月にリリースされる予定となっている。

マシュー・ベラミーは「ラジオX」のゴードン・スマートの番組で次のように語っている。「僕たちはビデオでも見られるようなヴィジュアル・テーマにこだわる予定で、ああいう雰囲気をライヴに持ち込む方法を模索することになると思うよ」

「僕たちは幸運だよ。なぜなら、あらゆるテクノロジーが存在するこの時代を生きられているんだからね。ツアーをやるっていう時は、いつも新しい何かが使えるようになっているわけでね」

「僕たちは存在するありとあらゆるテクノロジーを探求するつもりだよ。その後で、来年の夏か春ごろにツアーを始められたらいいね」

マシュー・ベラミーはまた、バンドが来夏に通算4度目となるグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務める可能性についても言及して、次のように語っている。「僕たちはもう3回もやったからね。彼らが僕らを呼び戻してくれるかは分からないよ」

一方、ミューズのツアー・ディレクターを務めるグレン・ロウは先日、新人バンドのためのチャリティを立ち上げるためにツアー・ディレクターから身を引くことを発表している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ