GETTY

Photo: GETTY

チャーチズはリアーナの”Stay”をカヴァーした音源が公開されている。

チャーチズは先月、ニュー・アルバム『ラヴ・イズ・デッド』をリリースしている。同作について『NME』は4つ星をつけたレヴューの中で次のように評している。「『ラヴ・イズ・デッド』は希望に満ちた理想的なポップと、よりダークで憂鬱とした底流とのバランスを何とか保っている。結局のところ愛は死んでいないのかもしれないが、チャーチズに言わせれば、それを生かし続けようとすることは私たち全員の責任なのだ」

『ラヴ・イズ・デッド』のプロモーションの一環として、チャーチズは自身の楽曲とカヴァーを1曲ずつ演奏するプログラム「スポティファイ・シングルズ」のためにニューヨークでライヴ・セッションをレコーディングしている。アルバムのリード・シングル”Get Out”をリワークするにあたり、ローレン・メイベリーらは従来のエレクトロニック・サウンドから離れてピアノやオーガニックな楽器を選択している。またカヴァーとして、リアーナの2013年のバラード”Stay”を披露している。

チャーチズがリアーナへの愛を示すのはこれが初めてではなく、2016年にBBCラジオ1の番組「ライヴ・ラウンジ」に出演したチャーチズは、カルヴィン・ハリス作曲のヒット曲”This Is What You Came For”のパフォーマンスを披露している。

一方、チャーチズのローレン・メイベリーは先日、アルバムへの批判的なレヴューに対して反応を示している。

そうした意見を「くだらない」としながら、ローレン・メイベリーは『NME』に対して次のように語っている。「私が苛立つのは、それらが音楽について論評しているわけではないということよ。私を人としてどう考えているとか、私が支持しているもについての考えとか、それが表層的なものかどうかとか、浅はかかどうかなんてことを論評しているのよ」

「もしあなたが音楽について文章を書きたいのなら問題ないわ。でも、このアルバムが気に入らないからって他のことまで悪く書かないでほしいわ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ