GETTY

Photo: GETTY

チャイルディッシュ・ガンビーノはチャンス・ザ・ラッパーが開催したオープン・マイクのイベントに参加して、“This Is America”を披露している。

このイベントはシカゴのハロルド・ワシントン図書館センターで開催されたもので、高校生は学生証を見せれば、無料で参加することができ、若者のアートへの参加を促すためのものとなっている。

チャンス・ザ・ラッパーはサプライズでチャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァーを次のように紹介している。「次のゲストは紹介の必要もない人なんだ。じゃあ、迎えてみよう」

ドナルド・グローヴァーが登場した時の会場の様子はこちらから。

“This Is America”は全米シングル・チャート初登場1位を獲得しており、ドラマ「アトランタ」でも一緒に仕事をしているヒロ・ムライが監督を務めたミュージック・ビデオはその政治的な内容も含めて話題を呼ぶこととなった。

チャンス・ザ・ラッパーとチャイルディッシュ・ガンビーノは一緒にミックステープの制作に取り組んでいるとも前々から報じられている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ