GETTY

Photo: GETTY

キッスのジーン・シモンズはバンドが2019年1月からスタートする3年間に及ぶワールド・ツアーを発表する予定であることを明かしている。

ジーン・シモンズはスウェーデンの新聞『エクスプレッセン』紙に対し、キッスが来年に「最高にスペクタクルなツアー」と共にシーンに復帰すると語っている。ジーン・シモンズはまた、ワールド・ツアーについて「すべての大陸」を訪れるものになるとも語っている。

「ブラバーマウス」の報道によれば、キッスは今年2月に「ミュージシャンによるライヴ・パフォーマンス」の分野での使用のために、「The End Of The Road」というフレーズを商標登録しようとしたことが明らかになっている。以降、ファンの間ではそれがバンドの最後のツアー名ではないかという憶測が広まっていた。

しかし、ジーン・シモンズは先日、オーストラリアの『ニュース・コープ』紙によるインタヴューの中で引退の噂について否定している。

「神に誓って本当のことを言うけど、俺はこのこと(商標登録のことについて)を知らなくて、文字通り誰かがこの話をしていたのを聞いて初めて知ったんだ。それに、俺は一切関与していないからね」とジーン・シモンズは語っている。「そういうわけで、これから何か分かるのかも知れないけど、今はにも知らないんだ。念のため言っておくけど、君をからかっているわけじゃないよ」

「(『The End Of The Road』を商標登録した)キッス・カタログは俺たちの会社の一つだし、それは事実なんだけどさ。そもそも、俺たちはあらゆるものを商標登録しているわけでね。俺は『Motion Pictures』っていう言葉を商標登録してるんだ。これはマジだよ。それに、これまでのどのツアーにおいても、これが最後になるっていう話はしてきたわけだからね」

ジーン・シモンズは次のように続けている。「率直に言わせてもらうとさ。俺たちはいつか歩みを止めるし、最後のショウをやるよ。それがいつかは俺には分からないけどね。俺はリアルな世界でもまだイケてるからな」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ