GETTY

Photo: GETTY

アメリカのテレビ番組「エレンの部屋」でケンドリック・ラマーの“Humble”をカヴァーしたアメリカ出身の9歳の少年が話題になっている。

司会のエレン・デジェネレスは現地時間6月5日に放送された番組に「お気に入りのキッズ・ラッパー」と紹介してヤング・ディランことディラン・ギルマーをゲストに招いている。

ヤング・ディランはエレン・デジェネレスに何の曲をパフォーマンスするのかと訊かれると、曲名を忘れたと明かしたあとで、ステージに上がりアレンジされた“Humble”を披露して観客の歓声を浴びている。

ヤング・ディランはパフォーマンスをスタンディング・オベーションで讃えた観客に「ありがとう! ありがとう! 感謝するよ」と語りかけている。

ヤング・ディランが野生の動物を好きだと聞いたエレン・デジェネレスは、彼のパフォーマンス後に動物保護団体に寄付したことを明かして、保護されたチーターを彼の名義にしたことも明かしている。

また、ヤング・ディランは当日の服装についてエレン・デジェネレスに訊かれると、次のように答えている。「全部グッチだよ、エレン。全部グッチなんだ!」

ヤング・ディランはまた「家を持っていない人たちに親切でありたい」として、ホームレス施設にいる人たちを支援していることも明かしている。

現在9歳であるヤング・ディランのインスタグラムは23万人を超える人々にフォローされており、彼はインスタグラムに定期的にスタジオで撮った映像を上げている。

ヤング・ディランは2017年に初めて「エレンの部屋」に出演している。

一方、ケンドリック・ラマーはジャズやクラシックではないアーティストとして初めて2018年のピューリッツァー賞を受賞している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ