GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴは娘のフランシス・ビーン・コバーンの元夫だったイザイア・シルヴァから彼を殺害しようとしたとして訴えられている。

フランシス・ビーン・コバーンは5年の交際期間を経て2014年6月にジ・イーリーズのフロントマンであるイザイア・シルヴァと結婚したが、21ヶ月の結婚生活を経て2016年3月に離婚の申し立てを行っている。二人の離婚は昨年の11月に成立しているが、調停の主な争点となっていたカート・コバーンが『MTVアンプラグド』で使用したアコースティック・ギターの所有権は、長期間の争いの末に先月イザイア・シルヴァの手に渡っている。

イザイア・シルヴァは2016年3月に離婚を申し立てを行って以来、カート・コバーンのギターについてフランシス・ビーン・コバーンからプレゼントとして受け取ったものだと主張していた。

「TMZ」の報道によれば、今回、イザイア・シルヴァは新たな訴訟を起こしたとのことで、コートニー・ラヴが「数人と共に陰謀を企てて彼の自宅に押し入り、彼を殴りつけて誘拐し、カート・コバーンの由緒あるギターを手に入れるために殺害しようとした」と主張しているという。

報道によれば、2016年6月3日の未明に一時ブリトニー・スピアーズのマネージャーを務めていたことでも知られるサム・ラトフィと2人の男がウェスト・ハリウッドにあるイザイア・シルヴァの自宅に強盗に入り、彼に性的不品行などの危害を加えた上、誘拐して殺害しようとしたという。イザイア・シルヴァの主張によれば、彼らはロサンゼルス市警察を装って自宅に押し入り、彼の股間を掴んで脅迫した上で暴行を加えたのだという。

イザイア・シルヴァは損害賠償を請求している。コートニー・ラヴは現時点でこの件についてコメントしていない。

フランシス・ビーン・コバーンは先日、オンライン上に自作の曲を公開してデビュー・シングルのリリースをほのめかしているほか、父親のカート・コバーンが自身を「誇りに思ってくれていることを願う」と語っている。

「音楽に関して言えば、私はミュージシャンですとか、ヴィジュアル・アーティストですっていう風には自分を分類したくないの。私の芸術にはあらゆるものが含まれていて、それぞれが互いに繋がっているから」と彼女は語っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ