GETTY

Photo: GETTY

ウィーザーのリヴァース・クオモはソロ・ライヴでスマッシング・パンプキンズの“1979”やグリーン・デイのカヴァーを披露している。

先月もソロ・ライヴでオアシスの“Champagne Supernova”やR.E.M.の“Losing My Religion”のカヴァーなどを披露していたリヴァース・クオモだが、現地時間4月9日にシカゴのビート・キッチンで行ったライヴで更なるカヴァーを披露している。

ライヴはREOスピードワゴンの“Can’t Fight This Feeling”のカヴァーで幕を開け、スマッシング・パンプキンズの“1979”と“Today”、グリーン・デイの“When I Come Around”や“Basket Case”を演奏している。『シカゴ・サンタイムズ』紙によれば、スマッシング・パンプキンズとグリーン・デイについてリヴァース・クオモは「どっちのビリーもすごいよね」と語ったという。

観客が撮影したライヴの映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

Can’t Fight This Feeling Anymore (REO Speedwagon cover)
Say It Ain’t So
Pink Triangle
When I Come Around (Green Day cover)
Buddy Holly
Island In The Sun
Across The Sea
Today (Smashing Pumpkins cover)
Can’t Stop Partying
El Scorcho
The Good Life
Basket Case (Green Day cover)
Do You Wanna Get High?
Falling For You
L.A. Girlz
(Girl We Got A) Good Thing
1979 (Smashing Pumpkins cover)
Getchoo
Magic (B.o.B. cover featuring Rivers Cuomo)
Medicine For Melancholy
Sober Up (AJR cover featuring Rivers Cuomo)
No One Else
No Other One
Where Is My Mind (Pixies cover)
Tired Of Sex

Encore:
Why Bother?

Encore 2:
You Gave Your Love To Me Softly

リヴァース・クオモは先月、2011年以来となるソロ楽曲“Medicine for Melancholy”を公開している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ