GETTY

Photo: GETTY

チャンス・ザ・ラッパーはハイネケンによる新たなビールのコマーシャルを人種差別的だと批判している。

ハイネケン・ライトのコマーシャルは、バーテンダーがビールのボトルをスライドさせると3人の黒人の下を通り過ぎて、目的の人物に辿り着くというものとなっている。キャッチフレーズは次のものが表示される。「時にはライトなほうがいいこともある」

チャンス・ザ・ラッパーは同社を批判し、「あからさまに人種差別的な広告を意図的に出して、視聴数を得ているんだ」とツイートしている。

「これは人種差別的でインチキなデタラメだから、この件について投稿することで視聴数の手助けをすべきじゃないと思っている」とした上で、ハイネケンによるビールのコマーシャルについて「あまりにも人種差別的」だと評している。

「ボイコットや拒否をしろと言ってるんじゃないんだ」とチャンス・ザ・ラッパーは続けている。「こういうことが頻繁に起きていることを指摘したいだけで、そうやって消費者やツイッター・ユーザーを釣ってると思うんだよ」

サブトラクトは先日、チャンス・ザ・ラッパーの『カラーリング・ブック』に収録されている“All We Got”のリミックスを公開している。

サブトラクトはこのバージョンは自身のハード・ドライヴに「1年間以上」眠ったままとなっていたことを認めている。

サブトラクトによるリミックスはこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ